ご入居者の声

ご入居者:坂口セツ様のお言葉 みんなが親切で大変満足しています

ウェルケア伊豆高原に入居する前は、体調の不安もあり娘夫婦と同居していましたが、やはり一人で自立して暮らしたいと思い、有料老人ホームを探し始めました。
有料老人ホームに入居後も、娘夫婦が通いやすい場所を第一条件に、施設の雰囲気やサービス、設備等、条件が合うところを探していたのですが中々満足行く施設が見つかりませんでした。
そんな時に、お医者様からウェルケア伊豆高原のことをご紹介頂き見学をした所、施設がキレイで、介護職員の方々の雰囲気やサービスも素晴らしく、また娘夫婦も通いやすい環境にあったため、ウェルケア伊豆高原への入居を決めました。
最初は不安に思うこともありましたが、実際に生活をしてみて、入居者の方もスタッフの方もみんなが親切なのでとても大変満足しています。
また、お食事も大変美味しく、お風呂も温泉の為、とても気持ち良く入る事ができます。
頻繁にある外出行事は楽しみの一つで、桜のツアーなどは特に楽しかった想いでの一つです。

坂口セツ様のご家族様からのお言葉 小規模で手厚い看護が受けられる

母が選んだ施設を一緒に見学したのですが、小規模で手厚い看護が受けられる事が見て取れたので安心して入居を決める事ができました。
家から通いやすいこともあり、よく面会に行くのですが、スタッフの皆様がいつも気持ちよく大きな声で挨拶して下さるので感激します。
面会時にトイレ等で介護が必要な際も、すぐに駆けつけていただけるので本人も安心して生活しております。
自宅で同居していた時と比べても、ウェルケア伊豆高原に入居してからの方が顔の表情も柔らかくなり、母も活き活きしています。食事も大変美味しいと言っていて、ウェルケア伊豆高原に入居して本当に良かったなと思っています。

ご入居者:針谷夫妻・ご家族様のお言葉 スタッフの皆さん意識が高く安心しています。

当時、兄夫婦が二人揃って東京の病院に入院していたので、東京周辺で夫婦で入居が出来る施設を病院のケアマネージャーと一緒に探していたが、適当なところが見つからず、頭を抱えていました。
東京周辺で施設が見つからなかった為、私が住んでいる伊豆高原周辺で施設を探していた所、ウェルケア伊豆高原のことを知り、兄夫婦に紹介したところ快く承諾してくれました。
私は、絶対、兄は東京を離れるのは無理だと思っていたので、なぜ兄がこの施設を選択したのか、当時は不思議でなりませんでした。
今思えば、弟の私が近くにいることの心強さや当施設の充実した内容。例えば、温泉入浴。バラエティに富んだ手料理。数々のイベント。心優しい介護スタッフのサポート。夫婦同室。リーゾナブルな入居費。などなどが東京の病室で兄なりに熟慮した結論だったのではないかと思います。

面会時にいつも感じるのは、ウェルケア伊豆高原に入居して以来、一貫して二人とも東京の病院にいた時と違って、精神的にとても安定していると実感しています。
入居前は、一日中イライラしているような表情や言動があったのですが、ウェルケア伊豆高原に入居した後は、兄本来の笑顔もしばしば見られる様になり、兄嫁と同室でもあることもあってか、二人共落ち着いた雰囲気を感じられています。
まさか身近な家族が、それも二人揃って介護施設に入居するとは、私にとっていわば青天の霹靂であり、不安や心配もしていました。しかし、施設のパンフレットにも記載がある通り、素晴らしい施設で、なにより現場の介護スタッフの方々をはじめ事務方やその他のスタッフが入居者に対して、 全員がそれこそ「おもてなし」接客用語の「CS(顧客満足度)」を自然体でお世話していると、面会へ行く度に感じています。

以前、よく雑誌などで全国の有料介護施設を紹介していることがありますが、「ウェルケア伊豆高原」は雑誌に紹介されようが、されまいが私は、高評価の介護施設であると個人的に思っています。
どのような組織でも、マネジメントスタッフが良ければ、その組織は生き生きと活動できると思うのですが、ウェルケア伊豆高原の組織は、スタッフが一枚岩になって素晴らしいおもてなしを行なっていると思います。

  • バラエティに富んだ手料理や数々のイベント。面会い行くたびに兄夫婦が元気になっていることを実感できます。
  • 現場の介護スタッフの方をはじめ、事務方やその他のスタッフが入居者に対して、全員が「おもてなし」を自然体でお世話していると、面会へ行く度に感じています。